浄土真宗の教章


 

宗名(しゅうめい)

 浄土真宗( じょうどしんしゅう)

宗祖(しゅうそ)(ご開山(かいさん))

 親鸞聖人(しんらんしょうにん)

宗派(しゅうは)

 浄土真宗本願寺派
  (じょうどしんしゅうほんがんじは)

本山(ほんざん)

 龍谷山 本願寺(りゅうこくざん ほんがんじ)
    西本願寺(にしほんがんじ)

本尊(ほんぞん)

 阿弥陀如来(あみだにょらい)
 南無阿弥陀仏(なもあみだぶつ)

聖典(せいてん)
  • 釈迦如来(しゃかにょらい)が説かれた「浄土三部経(じょうどさんぶきょう)
      『仏説無量寿経
         (ぶっせつむりょうじゅきょう)
      『仏説観無量寿経
         (ぶっせつかんむりょうじゅぎょう)
      『仏説阿弥陀経
         (ぶっせつあみだきょう)
  • 宗祖親鸞聖人が著述された主な聖教(しょうぎょう)
      『正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)
       『浄土和讃(じょうどわさん)
      『高僧和讃(こうそうわさん)
      『正像末和讃(しょうぞうまつわさん)
  • 中興(ちゅうこう)の祖・蓮如上人(れんにょしょうにん)のお手紙
      『御文章(ごぶんしょう)
教義(きょうぎ)

阿弥陀如来の本願力(ほんがんりき)によって信心(しんじん)をめぐまれ、念仏(ねんぶつ)を申す人生を歩み、この世の縁(えん)が尽きるとき浄土(じょうど)に生まれて仏(ぶつ)となり、迷いの世(よ)に還(かえ)って人々を教化(きょうけ)する。


生活(せいかつ)


親鸞聖人の教えにみちびかれて、阿弥陀如来のみ心を聞き、念仏を称(とな)えつつ、つねにわが身をふりかえり、慚愧(ざんぎ)と歓喜(かんぎ)のうちに、現世祈祷(げんぜきとう)などにたよることなく、御恩報謝(ごおんほうしゃ)の生活を送る。


宗門(しゅうもん)


この宗門(しゅうもん)は、親鸞聖人の教えを仰ぎ、念仏を申す人々の集う同朋教団(どうぼうきょうだん)であり、人々に阿弥陀如来の智慧(ちえ)と慈悲(じひ)を伝教団(きょうだん)である。それによって、自他(じた)ともに心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献する。